NEWS

 

2016年の夏を席巻した映画『ペット』は、飼い主が留守にしている間、ペットたちは何をしているのだろう――誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描く物語と個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題となり、全米公開時にはオリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収、そしてイルミネーション作品史上No.1全米興収を記録!日本においても『ジュラシック・ワールド』を超え、ユニバーサル・ピクチャーズ作品史上No.1初日興収を叩き出し、オリジナル作品1作目とは思えない目覚ましい超記録でも話題なった『ペット』の続編となるシリーズ最新作の邦題がペット2に正式決定!来たる今年の夏に全国公開致します!そして、この度、前作で大好評だった吹替え版の主要声優陣の続投が決定しました!主人公マックス役を設楽統さん(バナナマン)、相棒デューク役を日村勇紀さん(バナナマン)。さらに2匹の飼い主ケイティ役を佐藤栞里さん、ペット仲間の太った猫クロエ役を永作博美さんという、前作同様の最強吹替声優陣が務めます!

 

前作に続き、マックスの声を務める設楽統さんは、今回の続投決定に「前作で吹替えを担当させて頂いて、2回目はオファー来なかったらどうしようかなって思っていたんですが、本当に嬉しいです。特に家族には自慢できますから!」と、家族に一番に喜びを伝えた様子。前作の大ヒットを受け、「(声優を務めるのは)約3年振りですが、めちゃめちゃプレッシャーですよね。まだまだこれからもどんどん感じるんじゃないかなと思いますけど、作品が素晴らしいのでその辺は大丈夫だと思います!」と、プレッシャーがありつつも、作品の出来上がりには全幅の信頼をおいているようで、これからのアフレコの本番については、「前作では、収録後半からすごくノっていって、ゾーンに入ったみたいな時があったので、今作は前半からゾーンに入れるよう、最初からマックスになりきりたい思います!」と、既に気合十分。最後に本作の公開を待っているファンへ、「今回も期待を裏切らない内容であることは間違いないですし、おなじみのキャラクターの他にも新キャラクターもでるみたいなので、夏までちょっと時間がありますが、ぜひ期待して待っていて欲しいです!」と、語りました。

2478_tpa_00050r_r
 

さらに本情報にあわせ最新映像も公開!今回の映像は、本作の物語のはじまりとなる、マックスが飼い主のケイティと病院を訪れるシーン。「散歩に行かない?」と言われて外出したマックスでしたが、行き先はなんと行動障害の名医がいる病院。マックスは必死に抵抗するも結局、診察を受けることに。病院の待合室に入ると、そこにいたのはなんともおかしなペットたち。人間のほうがおかしいと話す情緒不安定な猫、同じ場所を走っているのに同じ場所にいることに疑問を抱くハムスター、思い込み激しく勝手に不安になる犬、「火、つけちゃうんだよー」と不気味な笑顔の双子猫。不安になるマックスには、一体どのような診断が下されるのか??「もっとおかしくなるわよ」というクロエのセリフからも、今後、一体どんな展開になっていくのか気になる内容となっています!

まだまだベールに包まれた本作。本作では、飼い主がいない間にどのような大騒動が巻き起こるのか。マックスが病院で診断された内容は?この後物語はどんなおかしな展開になっていくのか! 2019年夏、あのお行儀よく留守番できない”彼ら”の新たな展開にぜひご注目ください!

2010年『怪盗グルーの月泥棒 3D』から始まり、2013年の『怪盗グルーのミニオン危機一発』では25億円の大ヒットを記録!続いて、 “ミニオン”の人気に火をつけた2015年『ミニオンズ』は50億円を超え、その後も2016年『ペット』、2017年『SING/シング』といった大ヒット作を生み出し、2017年『怪盗グルーのミニオン大脱走』は73億を超えるメガヒットを記録するなど、その年を代表する超大作を次々と生み出しているイルミネーション・エンターテインメント。

2016年の夏を席巻した映画『ペット』は、飼い主が留守にしている間、ペットたちは何をしているのだろう――誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描く物語と、個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題となり、全米公開時にはオリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収、そしてイルミネーション作品史上No.1全米興収を記録!日本においても『ジュラシック・ワールド』を超え、ユニバーサル・ピクチャーズ作品史上No.1初日興収を叩き出し、2016年の洋画成績ランキングでは4位にランクインするなど、オリジナル作品1作目とは思えない目覚ましい超記録でも話題になりました。

そんな全世界待望の“『ペット』最新作”の日本公開が、2019年の夏に決定!
この度、日本のためだけに制作された日本オリジナル特報が到着いたしました!

2478_tpa_00050r

初めて解禁された場面写真と特報映像では、前作で大活躍した個性豊かなペットのキャラクターたちが再び登場!テリア混ざりの雑種犬マックスは首にエリザベスカラーを巻いていることを気にせずボールに夢中で、ペットたちの姉御的存在である猫のクロエと元気で可愛いポメラニアンのギジェット、そして自称色男だけどちょっぴりおバカなメルたちは、飼い主の猫耳と靴下で猫になって遊び、さらには前作で元ペット軍団から、とある少女に飼われることになったウサギのスノーボールは、新たな飼い主の下で何が起きたのか…スーパーマンへと変貌!?さらには新たなペットの仲間も顔を見せ、またもや飼い主がいない間にヒミツの大騒動が巻き起こる予感…!?エリザベスカラーを巻いているマックスに一体なにが起きたのか?どうしてスノーボールはスーパーマンに目覚めてしまったのか…!?

2019年夏、あの、お行儀よく留守番できない”彼ら”が、再びスクリーンへ帰ってきます!
イルミネーション・エンターテインメントの最新作『ペット』続編に是非ご期待ください!!

========================

『ペット』最新作 公式サイト

『ペット』最新作 公式Twitter

『ペット』最新作 公式Facebook

『ペット』最新作 公式Instagram

main

『ペット』が公開39日目にして遂に、興行収入40億円を突破しました!

9月19日(月・祝)時点で、観客動員数332万3327人、興行収入40億6001万1000円を記録。全世界で空前の大ヒットとなり、日本でも興行収入52億円というメガヒットを記録した映画『ミニオンズ』に続き、イルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが強力なフランチャイズ作品を生み出しました。

8月29日(月)現在、全米興行収入は3億5855万ドルを突破し、『インサイド・ヘッド』(3億5646万ドル)を超えて、全米アニメーション成績で8位に。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに8億ドルを突破!続編制作も決定し、“ペット・フィーバー”の勢いはまだまだ止まりません!(9月20日時点、Box Office Mojo調べ)

この度、映画『ペット』の公開を記念して、動くLINEスタンプの配信がスタート致しました!

動くLINEスタンプ主人公の2匹の犬・マックスとデュークをはじめ、猫のクロエやウサギのスノーボールなど劇中登場する人気キャラクターたちが、計24のLINEスタンプになって登場!スタンプをタップするとキャラクターたちがまるで映画の中にいるかのように動き出します。個性的でとってもキュートなキャラクターたちの登場により、日々のトークがより楽しくなること間違いなしのLINEスタンプです!

【映画『ペット』LINEスタンプ概要】

■スタンプタイトル:ペット 動くスタンプ
■配信開始日:9月15日(木)
■種類:24種類
■価格:100コイン、または240円
■有効期間:無期限

■スタンプショップURLはコチラ
※LINEをインストールしているiPhone/Android端末で閲覧が可能です。
※LINEは最新バージョンをご利用ください。

■LINE STORE URLはコチラ
※iPhone/Android/PCでのみ閲覧が可能です。

PET_SNOWBALL『ペット』公開25日間で早くも動員300万人、興行収入35億円を突破!

9月4日(日)時点で、観客動員数300万9708人、興行収入36億6612万1600円を記録し、先週末の土日も動員154,854人、興行収入1億9920万1000円、観客動員ランキング3位と公開4週目でも依然とTOP5をキープ。土日に高稼働していることから、シルバーウィーク含めた休日を中心に、まだまだ勢いは止まりません!

7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月29日(月)現在、全米興行収入は3億5855万ドルを突破し、『インサイド・ヘッド』(3億5646万ドル)を超えて、全米アニメーション成績で8位に。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに7億ドルを突破!早くも続編制作が決定し、“ペット・フィーバー”の勢いはまだまだ止まりません!(9月4日時点、Box Office Mojo調べ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 16