NEWS

映画『ペット2』大ヒットイベントin大阪①

本作の大ヒットを記念して、ユニバーサル・シティウォーク大阪で、主人公マックスと相棒デュークの飼い主であるケイティの声を務めた佐藤栞里さんTKO木本武宏さんら登壇の、夏休み特別企画!映画『ペット2』大ヒット記念イベント】を開催いたしました!


<『ペット2』大ヒット記念イベント概要>

■実施日程:8月8日(木)
■場所: ユニバーサル・シティウォーク大阪 3F センターコート 特設ステージ
■出演者: 佐藤栞里さん(吹替版・ケイティ役)、木本武宏(TKO)さん、
やのぱんさん、風穴あけるズさん、パンドラさん、キャプテンスノーボール


▼イベントレポート▼
本作の大ヒットを記念して、ユニバーサル・シティウォーク大阪で開催された本イベント。豪華ゲスト陣が登壇するということもあり、会場にはイベントスタート前から大勢の観客が集結!大きな拍手で迎えられた佐藤さん「みなさんこんにちは!いいお天気で、みなさんの熱気もすごいですね!」と、会場の集まった観客に驚きながら、笑顔で挨拶しました。
続編のオファーがきたときの心境について問われると、佐藤さんは「前作の『ペット』も、ケイティのことも、とっても大好きだったので、また最新作で出会えるとわかって本当に嬉しかったです。」と喜びを露わにし、本作のお気に入りのシーンについては「大冒険のなか、全員が最後に集結して、力を合わせて一生懸命頑張る姿にとても感動しました。そして、何よりペットたちが本当にかわいい!ふわふわの毛並みから、鼻の頭の細かいところ、そしてペットあるあるも沢山なので、是非映画館の大画面で見てほしいです!」と熱く語りました。

続けて、ペットが大好きと公言するTKO木本武宏さんがスペシャルゲストとして登場!飼っているペットについて問われると、「少し前にポンタという名前のヨークシャーテリアを飼っていました。寝るときは隣にいるんですが、ポンタの方に寝返りをするとその奥にいる妻を守ろうとしているのか、唸るんです(笑)今はポンキチという新しいヨークシャーテリアがいるんですが、ポンキチも同じように唸るんです(笑)」と、愛犬エピソードを披露。佐藤さんも癒された様子で「かわいい~!」と声をあげました。

劇中に登場する個性豊かなペットのキャラクターたちの魅力について問われた佐藤さんは「(バナナマンの)設楽さん演じるマックスは思いやりのあるワンちゃんで、劇中ではケイティの元に産まれたリアムの赤ちゃんを守るためにノイローゼになっていくんですが、そこから成長していく姿が見どころです。(バナナマンの)日村さんが演じるデュークはみんなを明るく笑わせてくれるワンちゃんで、デュークが登場するシーンはとても和むんです」と、佐藤さん演じるケイティが飼う2匹のキャラクターを力説!木本さんが「デュークは日村さんそのまんまやね!」と相槌を打つと、佐藤さんは「顔も似ているんです。日村さんだけじゃなく、設楽さんもマックスに似ていたり、ほかのキャストのみなさんもキャラクターに似ているんです」と、日本語吹替版キャストとキャラクターたちの共通点を明かしました。そこで、木本さんに似ているキャラクターについて問われた佐藤さんは「胴の長いバディというダックスフントがいるんですが、眠そうな目が似ていると思いました!そして、バディはミキサーの機械でこっそりと自分の身体をかいていたりするので、木本さんも身体をかくならそっくりかも?」と分析。木本さんは「そうやね!僕も背中をよくかくからね!(笑)似ている犬がおってよかった!」とホッした様子をみせました。

映画『ペット2』大ヒットイベントin大阪②

ここで本作の大ヒットを祝して、劇中のシーン画像に対して面白回答を披露する、”『ペット2』特別大喜利大会を実施することに!
TKO木本さんの呼び込みによって、大喜利の挑戦者として、やのぱんさん風穴あけるズさんパンドラさんといったお笑い芸人の方々が登場しました。
キャプテンスノーボールがスーパーヒーローのポーズをとっているシーンで、スノーボールが何を言っているか?というお題があがると、やのぱんさんがスーパーヒーローのテーマのハミングのあとに「スワイガニをつけて6980円です!」とお馴染みのショッピング風の回答を披露!続けて、風穴あけるズの安藤さんが「後半からの主役は俺だ!」とボケますが、佐藤さんは突っ込むどころかうなずき、納得してしまった様子…!続けて、パンドラの福田さんが「光合成フィーバー!」と回答すると、佐藤さんは「生き物には大切なことですからね!」と優しくフォローし、会場からは笑いが巻き起こりました。
炎天下のなか、次々とボケが飛び出し、お笑い芸人の皆さんは大健闘!見事佐藤さんにグランプリとして選ばれたのは、やのぱんさん!記念品として、スノーボールになれるスノーボールのハットがプレゼントされました!

最後に、これから映画を観る方々へ、木本さんが「「ペット」シリーズはがっつり観ても面白いし、BGMのように流しながらみても心地のいい作品です!最新作の『ペット2』ももちろん必見なので、是非映画館で観てください!」、佐藤さんが「映画館を出た後に、”私も挑戦してみよう”、”頑張ってみよう”と勇気をもらえる作品となっています。是非熱い夏、映画館に足を運んで大きなスクリーンで観てください!」とそれぞれメッセージ寄せました。真夏の暑さも笑いの力で吹っ飛ばし、大盛り上がりとなったイベントは賑やかな雰囲気のなか幕を閉じました。

pet2_butaiaiatsu_main

全米公開時にはオリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収、そしてイルミネーション作品史上No.1全米興収を記録、オリジナル作品1作目とは思えない目覚ましい超記録を残しました!6月7日より北米で公開を迎えた本作は、公開から3日間で約4710万ドル(約51億円=1ドル108円計算)を稼ぎ出し、『アラジン』や『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』といった大作勢を抑えて、週末興収ランキングで堂々の1位を獲得!そしていよいよ日本での公開を迎え、日本語吹替キャストによる舞台挨拶を実施いたしました!公開記念舞台挨拶には、日本語吹替版声優のバナナマン設楽統さんと日村勇紀さん、佐藤栞里さん、永作博美さん、伊藤沙莉さん、内藤剛志さん、宮野真守さん、梶裕貴さん、沢城みゆきさん、中尾隆聖さんが登壇し、公開を記念して巨大スイカ割りに挑戦!キレイに真っ二つに割れたうえに、なかからは本日誕生日を迎えた佐藤さんへのサプライズが登場し、佐藤さんは嬉しさのあまり涙をこぼすなど大盛り上がり!総勢10名のキャストが一堂に会したということもあって、トークもますますヒートアップし、大人しくお留守番できないペットたちさながら賑やかな舞台挨拶となりました!


映画『ペット2』 公開記念舞台挨拶 実施概要

■日時:7月27日(土)
■場所:TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン1
■登壇者(敬称略):バナナマン設楽統(マックス役)、バナナマン日村勇紀(デューク役)、佐藤栞里(ケイティ役)、永作博美(クロエ役)、伊藤沙莉(デイジー役)、内藤剛志(ルースター役)、宮野真守(セルゲイ役)、梶裕貴(ノーマン役)、沢城みゆき(ギジェット役)、中尾隆聖(スノーボール役)


<イベントレポート>
『怪盗グルー』シリーズ、『SING/シング』、そしてあのミニオンを生み出したイルミネーション・エンターテインメントの最新作であり、イルミネーション作品史上No.1全米興収を記録した『ペット』の続編『ペット2』が昨日、遂に公開!公開記念舞台挨拶には、これまでに開催された本作のイベントのなかでも最多の日本語吹替版キャストが大集結!主人公・マックス役の設楽統さん、マックスの相棒・デューク役の日村勇紀さん、マックスとデュークの飼い主・ケイティ役の佐藤栞里さん、マイペースな猫・クロエ役の永作博美さん、新キャラクターのシーズー犬・デイジー役の伊藤沙莉さん、同じく新キャストとなる農場犬のリーダー・ルースター役の内藤剛志さん、悪徳サーカス団長・セルゲイ役の宮野真守さん、モルモットのノーマン役の梶裕貴さん、マックスに恋をするギジェット役の沢城みゆきさん、前作からヒーローへと大変身を遂げたキャプテンスノーボール役の中尾隆聖さんの豪華総勢10名のキャストが夏らしい浴衣姿で登場し、会場からは大きな拍手が喝采!

『ペット2』舞台挨拶_バナナマン+佐藤さん

「昨日から公開という事で、早く観てもらいたい気持ちでいっぱいでした。映画、めちゃくちゃ良くなかったですか?何度も観ていただきたいので、宜しくお願い致します!」(設楽)、「皆さんよりも先に試写室で観ていたんですけど、この素晴らしさを早く伝えたくて伝えたくて!大興奮していました!内容は知っていたんですが、マックスの表情が力強く変わるところとかを観ていると、実は泣いちゃったんですよね。横にスタイリストさんがいたので泣いているのがバレないように、顔を覆いながらぐちゃぐちゃに号泣してました(笑)」(日村)、「私自身、映画を観終わったあとに、”なんか勇気出たかも!一歩、挑戦してみよう”と思ったんです。映画を観た後のお客さんの顔も、なんだかキラキラしている気がしています!」(佐藤)、

『ペット2』舞台挨拶_永作さん 『ペット2』舞台挨拶_内藤さん

「こんなに沢山のお客さんにお集まりいただいて、本当にありがとうございます。皆さんもくじけそうなことがあるかと思いますが、この作品は間違いなく元気の貰える作品です。ペットたちがこんなに頑張っているなら、私も頑張ろう!って思えます。お友達、ご家族の皆さんとまた観ていただければ嬉しいです。」(永作)、「昨日から公開したということで、ずっとドキドキしていました。皆さんの感想をエゴサーチするので、楽しみにしています(笑)」(伊藤)、「私事ですが、僕はバナナマンさんのファンで、トップオタと言えるほどなんですが、やっと同じ作品に出演する夢が叶いました。そして本国では僕の担当したキャラクターをハリソン・フォードさんが演じているんですが、どちらが良かったのか、どれだけハリソン先輩に近づけていたのか、僕もエゴサーチしますね!(笑) 映画は皆さんが仰る通り元気になりますし、皆で何かをやることは楽しいかもしれない!と思ってもらえれば、僕たちが演じた甲斐があると思います。」(内藤)

『ペット2』舞台挨拶_梶さん+宮野さん 『ペット2』舞台挨拶_沢城さん

「観ていただいたら分かる通り、前作よりも進化したなという点があるんです。主軸の物語が3つあるんですけど、これはペットたちキャラクターの個性が確固たるものではないと、できないことです。皆さんに認められて、僕らも成長して、こういう映画が完成したということは本当に嬉しいです。そして今日は豪華なキャストの皆さんが揃い、観客の皆さんへ挨拶ができている幸せを噛みしめています。」(宮野)、「実はノーマン、出てたんです(笑) 忘れっぽいところがあるノーマンなんですけど、今回は2作目ということで少し活躍するシーンがあって嬉しかったです。ペットのいちファンとして、前作から楽しませていただいてたんですが、今回もペットのあるあるが沢山詰まっていて、ますますこのキャラクターたちが好きになりました。」(梶)、「“映画、楽しんでもらえたよねー?絶対そう!絶対そうだってば!” 声優なので、ギジェットの声で聞いてみました(笑) 皆様と再びお会いできて幸せです。私の中でも、勇気を出してみようと思える機会となりました。この映画が沢山の人に観てもらえればいいなと思います。」(沢城)、「1作目に引き続き、このとっても大好きなキャラクターとまた出会えて嬉しいです。夏休みの思い出に、家族の皆さんで観て頂きたいと思います。数ある映画の中からこの映画を選んでいただいた皆さんと、この時間を過ごすことができて、幸せです。」(中尾)と、公開を迎えた本作への万感の想いを吐露。

『ペット2』舞台挨拶_中尾さん

話題は皆さんの夏の思い出に移り、設楽さんは「家族でよく軽井沢に行っていたんです。父親の運転する車で、家族そろって、なんか良いとこの子みたいでしょ?(笑) それがすごく楽しかったですね。映画でもマックスたちが車で出かけるシーンがありますけど、あれ、これ軽井沢行くのかな?なんて思っちゃいましたね。」と夏の思い出と収録時のエピソードを振り返ると、「ウソでしょ、そんなわけないでしょ(笑)」と日村さんのツッコミが。日村さんは学生時代を思い返し、「夏といえば合宿ですよね!中学のときに、軟式庭球部だったんです。部活を3年間やっていて、僕はキャプテンまでやってますから。そんなイメージないでしょ?軟式庭球のイメージないでしょ?」と明かすと、皆さんからの「庭球呼びが気になるよ!(笑)」というツッコミに会場は笑いに包まれました。佐藤さんは「去年、北海道の酪農場に行ったんですけど、可愛い子牛がいたので駆け出したら、ボチャンと沼みたいなところに膝上ぐらいまでに浸かりまして。これ何だろう?って思ってたら、酪農場の方が、『あっ!それ、肥溜めです!』って…無事に脱出してホースで洗ったんですけど、レンタカーの中がもう臭くて…(笑)」という、まさかの思い出が。永作さんは「バイトですね!高校生の頃なんですが田舎なので遊ぶところもないし、家にいても暇なので、海の家で働いていました。パラソル立てるのとか大変なんですよ。」と意外なエピソードを明かすと、「えー!イメージにない!行きたい!こんなに可愛い子が海の家にいたらびっくりしちゃうよ!ファンとかいただろうね!」と、男性陣のテンションもハイに!

『ペット2』舞台挨拶_伊藤さん

伊藤さんは「京都の清水寺で、“洞窟から出ると、新たな自分に生まれ変われる”みたいなところ(※胎内めぐり)に行ったんです。そういうのを信じてしまうタイプなんですけど、暗闇の中、五感を遮って、棒一本で洞窟から出たら、自信がついたような、新しい自分になっているような体験をしました!」と不思議な思い出を明かしました。内藤さんは「45年くらい前、18才のときに大阪から東京へ出てきたんですが、まずは大学に行こうと思いまして。予備校で夏の強化合宿に参加したんですけど、めっちゃ可愛い子がいたんです。でも勉強もついていけなくて、段々行かなくなって駅をふらふらとしていたら、その予備校の可愛い女の子がいたんです!思わずお茶飲めへん?っと聞いて、そのままその子と結婚しました。東京にきて一年目の夏の出来事です。」と素敵な馴れ初め話が飛び出し、ステージや客席の女性陣もときめいた様子。宮野さんは「皆、面白くて素敵な話でびっくりなんですけど…夏休みの宿題で工作とか自由研究とかあったじゃないですか。お父さんがトイレ好きだったので、毎年、トイレットペーパーホルダーを作ってプレゼントしてました。二階建てにして灰皿を置けるように工夫したり、ペンギンの形にしてみたり、毎年作ってましたね(笑)」と、謎のトイレエピソードが展開。「『宮野くん、なんで毎年トイレットペーパーホルダー作ってくるの?』って先生に聞かれなかったんですか?」と設楽さんがツッコみ、会場は笑いの渦に包まれました。

『ペット2』舞台挨拶_梶さん

梶さんからは「実は、僕も中学のときに軟式庭球部だったんですよ!しかも名前も裕貴(ユウキ)です!(笑)」とバナナマン日村勇紀(ユウキ)さんとの見事な共通点が発覚すると、「なんか感じてたんだよ~!同一人物かな?ドッペルゲンガー?」と日村さん。「夏合宿の話なんですけど、僕は昔から寝つきがなかなか悪いんです。僕だけは早く寝よう!と意気込むんですけど、友達は皆でTV観ようとか楽しくなっちゃって、盛り上がっているのがうるさくて眠れなくて。皆が寝静まった後も、田舎なのでウシガエルの鳴き声も怖いし、僕だけひとり眠れなくて、次の日はいつも寝不足で練習試合。もちろん試合はボロボロで、辛い思い出でしたね…(笑)」と、梶さんが切ないエピソードを思い返します。沢城さんは「昔、夏に中尾さんの劇団で、客演として娘役をやらせていただいたんですが、そのお芝居が和物で、お稽古のときも自分で浴衣を着ないといけなかったんですね。仕事終わりに駆け付けて、なんとか急いで着付けをするんですけど、慣れていないのでぐちゃぐちゃとしている内に、稽古が終わってしまった…という懐かしい思い出です。」と、お茶目な過去が。最後に中尾さんが「夏といえばスイカ割りですよね。真っ二つに割って、スプーンでがつがつと食べて。残ったスイカの果汁を最後にストローで吸って、綺麗に食べてましたね!」といかにも夏らしい思い出を振り返ります。

『ペット2』舞台挨拶_全員集合

皆さんから夏休みの思い出を振り返り、すっかり暑さもやってきたことから、気分はすっかり夏モードに。そこで、中尾さんのお話にもあった夏の風物詩の巨大スイカが登場!前作『ペット』の初日舞台挨拶でもスイカ割りを行い、その後大ヒットを記録したことから、今回は“ゲン担ぎ”の意味も込め、全員で巨大スイカ割りにチャレンジ!お客さんの「せーの!」という声に合わせ、大きなスイカが綺麗に割れると、共にキャノン砲が発射!巨大スイカ割りは映画の大ヒットを予期させるような盛り上がりで、見事大成功を収めました!割った巨大スイカの中からは、イチゴのケーキが登場。なんと本日はケイティ役・佐藤栞里さんのお誕生日ということで、『ペット2』バースデーケーキをサプライズでご用意!佐藤さんは「ありがとうございます!大好きな皆さんと、優しいお客さんにお祝いしてもらって、この日に生まれてきて良かったです!一生の思い出です!」と突然のサプライズに思わず涙をこぼし、声を震わせながら喜びと感謝を露わにしました。

『ペット2』舞台挨拶_佐藤さん

最後に、「本当に皆さんありがとうございました!楽しい舞台挨拶になりました!何度でも何度でも、観ていただきたいです!この夏、『ペット2』をよろしくお願いいたします!」(日村)、「皆さんもう観ていただいたので、この世界観を分かっていただけていると思います。可愛いグッズとかもあるんですけど、そういうのに囲まれてペット漬けになると、自分もペットの世界に入った気分になって、もっと楽しめると思います。細かいところも何度でも観てもらって、他の人にも面白かったよって伝えてくれると嬉しいです!」(設楽)と、バナナマンのお二人が代表して、これから作品を鑑賞する方々へメッセージを寄せました。スイカ割りや誕生日サプライズなどおめでたいことも続き、ドタバタ騒ぎが巻き起こる『ペット2』さながらも賑やかな舞台挨拶が惜しまれながら、幕を閉じました。

2016年の夏を席巻した映画『ペット』は、飼い主が留守にしている間、ペットたちは何をしているのだろう――誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描く物語。個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題になった待望のシリーズ最新作『ペット2』がいよいよ7月26日(金)から全国公開致します!

pet2_main
 

本作の公開を記念し、日本語吹替キャストによる舞台挨拶の実施が決定いたしました!

公開記念舞台挨拶には日本語吹替声優、バナナマン設楽統さん、バナナマン日村勇紀さん、佐藤栞里さん、永作博美さん、伊藤沙莉さん、内藤剛志さん、宮野真守さん、梶裕貴さん、沢城みゆきさん、中尾隆聖さんが登壇予定。大人しくお留守番できないペットたちさながら大盛り上がりな舞台挨拶になること間違いなし!


映画『ペット2』 公開記念舞台挨拶 概要

◆日程:7月27日(土)
①13:10の回上映後 ※マスコミ取材あり
②16:10の回上映前

◆場所:TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン1
(東京都千代田区有楽町1-2-2)

◆登壇者(予定・敬称略)
①バナナマン(設楽統・日村勇紀)、佐藤栞里、永作博美、伊藤沙莉、内藤剛志、宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、中尾隆聖
②バナナマン(設楽統・日村勇紀)、永作博美、伊藤沙莉、内藤剛志、宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、中尾隆聖

◆チケット販売:7月24日(水) 0時より販売開始
詳細はこちら

◆TOHOシネマズ 日比谷 公式サイトはこちら

※当日のイベント内容や登壇者が変更、または中止になる場合がございます。

お問合せ:TEL 03-3556-0333
東宝東和株式会社(受付時間:10時~18時 ※土日祝をのぞく)

『ペット2』ジャパンプレミア_特別イベント

映画の公開を直前に控えた本日7/14(日)、豪華声優キャストが登壇するジャパンプレミアが開催されました!

イベントには、日本語吹替え声優、バナナマン設楽統さんバナナマン日村勇紀さん佐藤栞里さん内藤剛志さん伊藤沙莉さんといったメンバーが集結!スペシャルトークショーとステージイベントを実施しました。

ステージイベントでは、声優陣に加え、取柴役宣伝隊長まるちゃんや、普段はUSJで活動しているキャプテンスノーボールが舞台上に駆けつけ、イベントを盛り上げました!さらに、スペシャルゲストとして本作のイメージソングを担当した木村カエラさんをお迎えし、ご自身のペットへの愛などを存分に伺いました!!豪華な顔ぶれが集結した、本イベントは大盛況で幕を閉じました!


<映画『ペット2』ジャパンプレミア 実施概要>

■日時:7月14日(日)
■場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■イベント:
①トークショー @カーテンコール
②ステージイベント@スクリーン7
■登壇者(敬称略):
設楽統(マックス役)、日村勇紀(デューク役)、佐藤栞里(ケイティ役)、
伊藤沙莉(デイジー役)、内藤剛志(ルースター役)、
[柴犬]まるちゃん※(取柴役宣伝隊長)、[キャラクター]キャプテンスノーボール※
スペシャルゲスト:木村カエラ※(イメージソング担当)
名前の後の※のゲストは②のみ参加


<イベントレポート>
『怪盗グルー』シリーズ、『SING/シング』、そしてあのミニオンを生み出したイルミネーション・エンターテインメントの最新作であり、イルミネーション作品史上No.1全米興収を記録した『ペット』の続編『ペット2』の公開を目前に控え、3連休中日の本日、ジャパンプレミアが開催!

■特別イベント
上映前の舞台挨拶に先立ち、カーテンコールで特別イベントが開かれ、会場には大勢のマスコミ陣が大殺到!はじめに主人公マックスを演じた設楽さんが「ペットたちは飼い主がいないときに何をしているのかな?ということがテーマの作品ですが、今回の映画でも、飼い主がいないときに大冒険しています!今回はアクションや友情、色々詰まっています。観た後に心が温まって、元気になる映画です。前作よりさらにパワーアップして、明るい、楽しい、可愛いだけではなく、新しいチャレンジをすることがテーマになっています。」と、本作の魅力を語りました。MCの呼び込みによってバナナマンの日村勇紀さん、佐藤栞里さん、伊藤沙莉さん、内藤剛志さんが登場。「皆様、ようこそ!ペット2がようやく完成して、今回はものすごく素敵な内容になっているので、皆さん楽しんでください!」(日村)、「皆さん、こんにちは。前作に引き続き、さらにパワーアップした大冒険と可愛さが待っていますので、皆さま楽しみにしていてください!」(佐藤)、「すごく緊張しています。短い間ですが、楽しもうと思うので、皆さんも楽しんでいってください!」(伊藤)、「今回はチャレンジということで、ペットたちが成長するストーリーになっています。この映画をご覧になった後は、体温が上がっているかもしれません。是非お楽しみ下さい。」(内藤)と、それぞれ挨拶や見どころをコメントし、いよいよ豪華ジャパンプレミアの幕開けとなりました!

初めに作品に因んで、登壇者の皆さんが愛する家族のペット自慢をすることに。まずは設楽さんが小学2年生のころ、実家で飼っていたシェパードを紹介。「まだ赤ちゃんなんですけど、大きくなったら8mくらいになりますね」と設楽さんがジョークを繰り出し、「それはシェパードじゃないよ!」と日村さんがすぐさまツッコミ、会場は早速笑いに包まれました。続けて、佐藤さんの愛犬ポメラニアンのはなちゃんが登場すると、キュートな写真に「かわいい~!!」と、会場が一気に癒しの空間に。「じっとしてても口角があがってて、ずっと笑顔なんです!家族みんなで癒されています」と、フワフワしたぬいぐるみのようなはなちゃんの魅力を熱烈アピール!「おすわり、ふせ、おて、おかわり、ごろん、色々な芸もできます!朝チュチュっていうと、チューもしてくれるんです!」と佐藤さんはもうメロメロ。続いて伊藤さんのマルチーズとミニチュアダックスフンドのミックス犬・トイくんの紹介に移り、「もさもさしていて大きく見えるんですけど、本当はシュッとしてます!」とモフモフとしたトイくんの姿に皆さんもくぎ付けに。設楽さんに名前の由来を問われると、「私、自分の子供で男の子が産まれたらずっとトイってつけたかったんです。待ちきれなくて、先にペットにつけちゃいました」とトイくんの名前の由来の秘話を明かしました。ロシアンブルーのニュイと、ソマリのチャイを飼う内藤さんは、今日のゲストの中で唯一のキャットオーナー。かなりの愛猫家としても有名な内藤さんですが、「犬も飼っていたことがあるんですけど、今は猫です。猫は芸とかしないですけど、ちゃんと朝ご飯を食べにきたり、飼い主に懐くんです。猫に喋りかけているときは、赤ちゃん言葉になっちゃいますよ!もう早く帰って会いたい!」と熱い想いが爆発。そして現在はペットを飼っていない日村さんは、ペットと暮らしていた当時のお写真を披露!「小6~中1のころです。当時一匹飼っていて、赤ちゃんが5匹産まれたんです。貰い手もあったんですが、2匹は家で引き取ってずっと飼っていました。」とエピソードを振り返ると、「日村さん、痩せてるね!」と今の姿とは打って変わった幼少期の姿のほうに注目してしまう設楽さん。「このころは人気者で憧れの日村でしたから。カッコいいカッコいいって。」と日村さんが明かすと、会場は笑いに包まれました。「野良猫をお母さんが拾ってきて飼ってた頃もありましたね。鳥もカメもザリガニも色々なものを飼っていました。」と、日村さんもかなりの動物好きだったよう。現在はペットを飼っていないバナナマンのお二人ですが、皆さんのペット自慢を聞いて設楽さんは「いつか犬を飼って、マックスって名前をつけたいなって思っています!」と夢を明かし、それぞれの飼い主たちの愛が詰まったペット自慢大会となりました。

『ペット2』ジャパンプレミア_特別イベント(ゲーム) 『ペット2』ジャパンプレミア_特別イベント(クラッカー)

ペット自慢が終わったかと思いきや、「我々のペットと言われている、日村さん。下の名前が実は“勇紀”。勇紀が、勇気を持ってチャレンジ…」と設楽さん。勇気をもって新しい世界にチャレンジするという作品のテーマのもと、日村さんがチャレンジに挑むことに!デュークが大好きなボールを取りに行くという1シーンに因んで、頭にゴールをつけた日村さんがボールをキャッチするというチャレンジに挑戦!劇中でも飼い主ケイティにボールを投げられ喜んで取りに行くデュークのキュートな一面が描かれていますが、佐藤さんがボールを投げると「やったあ!ボールだっ!!」と、デュークのセリフそのまま日村さんが見事キャッチ!続いて伊藤さん、内藤さんのボールも見事キャッチし、三人連続で成功。そして最後に失敗の許されない相方、設楽さんのボールも堂々キャッチ!その素晴らしい皆さんの掛け合いに会場は歓声が沸き起こります!大ヒット祈願もこめたボールチャレンジは見事大成功を収め、設楽さんが代表して「ペット2、本当に楽しいのでハードル上げちゃってかまいません!」と締めくくり、カーテンコールイベントは終了しました。

■舞台挨拶
続いて行われた舞台挨拶イベントでは、先程のゲストに加えて取”柴”役宣伝隊長のまるちゃんが登場!なんと今回の『ペット2』にも出演しているということで、会場の皆さんへご挨拶に来てくれました!そして普段はUSJで活動しているキャプテンスノーボールも舞台上に駆けつけ、思わず抱きつきたくなるモフモフとしたまるちゃんとスノーボールの共演に「可愛い~!!」と黄色い声も上がり、会場はますます大盛り上がり!「今日はお集まりいただき、ありがとうございます。ペット2、できたてほやほや、観ていただくのが楽しみでした。存分に楽しんでいただいて、皆に面白かったよ!って自慢しまくってください!」(設楽)、「本当に、大スクリーンで観れるのが、羨ましいですよ!めちゃくちゃ楽しいので期待してください!」(日村)、「前作に引き続き、とにかくペットたちが可愛いので、毛並み一本一本、鼻の頭の汗ひとつぶも見逃さないでください!」(佐藤)、「ずっとこの日を心待ちにしていたので、沢山の方々に観ていただけるのが本当に嬉しいです!」(伊藤)、「僕は今、64歳ですが生まれてから今日まで、ペットがいなかったことが一日もないです。動物好きは普段、動物が何を話しているんだろうな、話してみたいなという気持ちがあると思うんですが、この映画はそんな夢を少し叶えてくれるような作品です。」(内藤)と、ファンに向けて挨拶を交わし、再び盛大な拍手で迎えられたキャストたち。するとここで、本作の日本版イメージソングを手掛けた、木村カエラさんがサプライズ登壇し、会場のボルテージはマックスに!木村さんは「この場に呼んでいただけて、本当に幸せです。皆さん楽しんでいってください!」と、喜びを露わにしました。

木村さんは「素晴らしかったです。動物たちの特徴の捉え方や、表現方法がとにかく可愛くて。動物が本当に喋れて、こんな世界だったら楽しいなって思います。前作も観ているんですが、2は本当に勇気がもらえる作品でした!」と本作をご覧になった感想を伝え、「嬉しいですね。その言葉に勇気がもらえました。でも本当に心が温まって、明日から頑張ろうってなる映画ですよね」と、設楽さん。すると「その言葉に勇気をもらったよ…」と日村さんが続き、「どこまで続けるんだよ!」と設楽さんのツッコミに笑いが起きます。「マックスが“変わらなきゃ”と思う瞬間がカッコいいなと思ったんです。歌詞を書くときは、子供って積み木遊びをしているときに、せっかく作ったものを躊躇なく壊すんですよ。でも大人になると積み上げてきたものを壊すのがすごく怖い。新しい自分になるためには、子供が積み木をバーンと壊すように、積み上げてきたものを壊して先に進む。そんなイメージをしながら作っていきました。」といった想いを込めてイメージソングを作成した木村さん。本イベントにて初解禁となるイメージソング「BREAKER」のMVもお披露目され、ペットの仲間たちが一歩踏み出し、新たな挑戦に立ち向かっていく最新作のストーリーにマッチした楽曲であることがうかがえます。

▼日本版イメージソング「BREAKER」MV


またMCから登壇者の中でお気に入りのキャラクターを選ぶとすれば、誰を選びますか?という質問が投げかけられると、真っ先に日村さんが「絶対、俺を選んでくれると思う。感じるものがあるんだよね、すごく目も合うし。髪型が近いときも多いしね、俺も髪色赤くしようかな?」と謎の自信。それぞれ10秒ずつアピールタイムが設けられ、「僕、マックス!神経質なところもあるけど、やると決めたら、がっつりやるんだよ。ペット2ではすごい成長しているし、働きます。一生幸せにします!」(設楽)、「唯一の人間、ケイティ。家事も完璧にこなせます。何よりも動物が大好きで温かい女の子です。ケイティも髪が短くて、木村さんと共通点があります!」(佐藤)、「シーズー犬のデイジーです。小さいけどめちゃくちゃ勇敢で、番犬になります。可愛いけど口が悪いし、声も変わってて、ギャップ萌えです!」(伊藤)、「ルースターです。力持ち、男らしい、優しい。勇気をマックスに与えたのは、俺だと思います。牧羊犬なので給料も貰っています。選んでください!」(内藤)、「カエラさん、デュークです。なんてったって誰よりも優しいです。ボールさえ投げておけばずっと取りに行くので、世話もかからない子です。大きいからいっぱい食べそうでしょ?そのへんのものをあげておけば何でも食べるから大丈夫。あとカエラさん細いから、でっかいの一匹入れておけば暖かいです。エアコン代もかからない。夏は…なぜか涼しいです!お願いします!」(日村)と、猛烈なアピール合戦が炸裂!しかし、木村さんは言いにくそうに「あの…私…キャプテンスノーボールが好きなんです…。というのも、ウサギのまるくんを飼っていまして…!今の時間、無駄になっちゃってごめんなさい(笑)」と、皆さん完敗。一同悔しそうな表情で、設楽さんも「そんなの始めからダメじゃん!敵わないよ!(笑)」と嘆きました。

楽しい時間はあっという間にすぎ、最後に代表してバナナマンのお二人が、「すごく面白い作品ができあがっています。一発目、楽しんで帰ってください!」(日村)、「見どころがたくさんありすぎて、言い切れないんですが、僕が注目してほしいところをひとつだけ。マックスが変化するきっかけとなる牧場の崖のシーンの後、ルースターに”待ってろ”って言われていたデュークがなぜか羊と一緒に草食べてるので、そこを忘れないように注目してあげてください。」(設楽)と本作に対する想いを語り、イベントは終了。ペット愛やチャレンジなど本作のテーマに沿った癒しや笑いに包まれたコーナーから、取柴役宣伝隊長やキャプテンスノーボール、サプライズゲストの登壇まで、二部構成による大盛り上がりの豪華ジャパンプレミアが惜しまれながら幕を閉じました。

『ペット2』ジャパンプレミア_舞台挨拶

pet2_usjceremony_1

本作の公開を記念して、本日7/6(土)『ペット2』の主人公“マックス”(テリア)を演じた設楽統さんと、相棒“デューク”(雑種犬)を演じた日村勇紀さん、そして本作のメインキャラクターであるウサギのキャプテンスノーボールらスペシャルゲスト登壇の【『ペット2』公開記念イベントatユニバーサル・スタジオ・ジャパン】を開催いたしました!

ハリウッド・エリアにある新アトラクション「SING ON TOUR」が入る、イルミネーション・シアターで開催された本イベント。会場には、飼い主が留守の間に、秘密のサマーパーティーを開催しようと、ウサギのキャプテンスノーボールがUSJに参上!初めて日本のファンの前に姿を現したということもあり、会場は瞬く間に喜びの歓声と大きな拍手で包まれました!さらに、パーティーをますます盛り上げるために、日本語吹替版でマックスの声を担当したバナナマンの設楽統さんと日村勇紀さんもサプライズ登場し、会場はさらなる熱気に包まれました!イベントでは、設楽さんと日村さんがキャプテンスノーボールと息ピッタリのトークを繰り広げ、大盛況!その後も、USJの夏の人気イベントの「ミニオン・クール・ファッションショー」に参加し、ゲストとともにびしょ濡れに!まさに劇中で繰り広げられる大騒動さながらにUSJで大暴れ!夏の暑さを吹き飛ばす、大盛り上がりのイベントとなりました。


<『ペット2』公開記念イベントat ユニバーサル・スタジオ・ジャパンイベント 概要>
■実施日程: 7月6日(土)
■場所: ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
■出演者: 設楽統さん(日本語版吹替 マックス役)
日村勇紀さん(日本語版吹替 デューク役)
キャプテンスノーボール


<イベントレポート>
本日午前11時30分ごろ、ハリウッド・エリアのイルミネーション・シアターに、前作『ペット』で人気爆発、今作でも大活躍のウサギの“キャプテンスノーボール”が登場。会場の特別招待ゲストから歓声があがるなか、スーパーヒーローになりきったキャプテンスノーボール「飼い主が留守の間に、秘密のサマーパーティを始めるぞ!」とイルミネーション・シアターをパーティ会場に変えることを宣言、パーティを盛り上げるために、サプライズで、バナナマンのお二人を招き入れました。前作に引き続き、『ペット2』でも主人公“マックス”(テリア)と、その相棒“デューク”(雑種犬)の声優を務めたバナナマンの設楽統(したら おさむ)さん、日村勇紀(ひむら ゆうき)さんの突然の登場に会場は大興奮!設楽さん「友情・成長・冒険・アクションなどいろいろな事が巻き起こります。特にマックスはアクションシーンが多かったので、“ハァハァ”、“フーフー”などの息遣いにも注目してください。」日村さんは「今回のデュークにぜひ注目してください!『ペット』の時と比べて、ものすごくいい子になっています。」と、映画の魅力や、日本語吹替え版出演時のエピソードについて語りました。さらに、パーク再来場の感想について、「イベントがすごい!夏のイベントは雪・水・風がすごくてビショ濡れになるんですよね。度が過ぎるユニバーサル・スタジオ・ジャパン!」と語りました。
その後、キャプテンスノーボールが「サマーパーティをもっとハチャメチャに盛り上げよう」と、さらに呼びかけると、パークで大人気のイルミネーション・キャラクターたちである、最新アトラクション「SING ON TOUR」のメンバーと、ハチャメチャかわいいミニオンたちが集結しました。大人気イルミネーション作品「ミニオンズ」「SING」『ペット』のキャラクター、そしてバナナマンのお二人が歌って踊る豪華なサマーパーティに、会場のテンションも最高潮に!ここユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、史上初※、夢のイルミネーション・キャラクターとのコラボレーションが実現しました。

最後に、バナナマンのお二人とキャプテンスノーボール、会場のゲスト全員で、「この夏、僕たちがヒーローになる!ヒーロー出動!!」と声を合わせると、会場には、色とりどりのストローラー(紙テープ)が舞い、会場のゲストは熱狂と興奮に包まれ、割れんばかりの拍手と大歓声が巻き起こりました。バナナマンのお二人は「これから僕たち、パークに行ってビショ濡れになってきます!みんなも楽しんでね!」と話しました。
参加したゲストは「“キャプテンスノーボール”に会えてうれしかった!グリーティングでモフモフのしっぽに触りたい!ロジータやミニオンなど大好きなキャラクター全員が登場して、どこを見ていいかわからないくらい興奮した!」(9歳女の子30代女性/京都府)、「すごく面白かった!まさかあんなコレボレーションが見れるとは!夢の競演でした。“キャプテンスノーボール”のグリーティング、絶対行きたい!」(20代女性2人組/兵庫県)と話しました。

pets2_usjfashionshow

【“キャプテンスノーボール”がイルミネーション・シアターを飛び出して、『ミニオン・クール・ファッションショー』に特別参加!!】
午後3時30分ごろ、ミニオンたちがハチャメチャな真夏のファッションショーを開催する今夏の新ショー『ミニオン・クール・ファッションショー』に、サプライズゲストとしてキャプテンスノーボールとバナナマンのお二人が登場しました。ランウェイをスーパーヒーロー気取りで闊歩する“モフモフ”キュートさ全開の“キャプテンスノーボール”と共にバナナマンが登場した瞬間、会場からは大歓声が上がり、熱狂に包まれました。ゲストからウォーターシューターで水をかけられ、ビショ濡れになった日村さんは「みんなにウォーターシューターで撃たれ放題だったけど最高に気持ちよかった!すごい楽しかった!マジでやり過ぎ!日本じゃありえないくらいのスケール。ビショ濡れになるけど本当に気持ちがいい!」、設楽さんも「最高に気持ちがいい!これからの暑い季節になったらもっと最高に気持ちよくなりそう。みんなにもぜひ体験してほしい!」と、この夏のパークの楽しみ方を伝えてくれました。

pets2_usjcharacterg

【本当に“キャプテンスノーボール”に会える!!】
本日から9月1日(日)までの期間限定でパークにキャプテンスノーボールが登場!映画そのままの“モフモフ”キュートさで、ゲストと一緒に写真をとったり、触れ合ったりと、なんとも愛らしい姿をみせています。
本イベント中に、キャプテンスノーボール自ら、「俺様は今日からしばらく、ここユニバーサル・スタジオ・ジャパンの平和を守ることにした!」とサプライズ発表、バナナマンのお二人も「可愛い!!世界中で“キャプテンスノーボール”に会えるのは、今だけここだけってことですよね?レアですね!“モフモフ”超気持ちいい!特に尻尾を見て欲しいです。」と興奮した様子でコメントしました。「ミニオン」「SING」そして『ペット2』のキャラクターも新登場し、ますますパークの魅力がふくらむ夏となります。

*合同会社ユー・エス・ジェイ 調べ
(C)Universal Studios.
Despicable Me, Minion Made and all related marks and characters are trademarks and copyrights of Universal Studios. Licensed by Universal Studios Licensing LLC. All Rights Reserved. TM & © 2019 Universal Studios.

1 2