2016.09.20

『怪盗グルー』シリーズを超える快挙!!シリーズ1作目にして興収40億円突破!!

main

『ペット』が公開39日目にして遂に、興行収入40億円を突破しました!

9月19日(月・祝)時点で、観客動員数332万3327人、興行収入40億6001万1000円を記録。全世界で空前の大ヒットとなり、日本でも興行収入52億円というメガヒットを記録した映画『ミニオンズ』に続き、イルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが強力なフランチャイズ作品を生み出しました。

8月29日(月)現在、全米興行収入は3億5855万ドルを突破し、『インサイド・ヘッド』(3億5646万ドル)を超えて、全米アニメーション成績で8位に。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに8億ドルを突破!続編制作も決定し、“ペット・フィーバー”の勢いはまだまだ止まりません!(9月20日時点、Box Office Mojo調べ)

2016.09.15

マックスたちがLINEでも大暴れ!?『ペット』動くLINEスタンプ配信スタート!!

この度、映画『ペット』の公開を記念して、動くLINEスタンプの配信がスタート致しました!

動くLINEスタンプ主人公の2匹の犬・マックスとデュークをはじめ、猫のクロエやウサギのスノーボールなど劇中登場する人気キャラクターたちが、計24のLINEスタンプになって登場!スタンプをタップするとキャラクターたちがまるで映画の中にいるかのように動き出します。個性的でとってもキュートなキャラクターたちの登場により、日々のトークがより楽しくなること間違いなしのLINEスタンプです!

【映画『ペット』LINEスタンプ概要】

■スタンプタイトル:ペット 動くスタンプ
■配信開始日:9月15日(木)
■種類:24種類
■価格:100コイン、または240円
■有効期間:無期限

■スタンプショップURLはコチラ
※LINEをインストールしているiPhone/Android端末で閲覧が可能です。
※LINEは最新バージョンをご利用ください。

■LINE STORE URLはコチラ
※iPhone/Android/PCでのみ閲覧が可能です。

2016.09.05

動員300万人&興収35億円 突破!!

PET_SNOWBALL『ペット』公開25日間で早くも動員300万人、興行収入35億円を突破!

9月4日(日)時点で、観客動員数300万9708人、興行収入36億6612万1600円を記録し、先週末の土日も動員154,854人、興行収入1億9920万1000円、観客動員ランキング3位と公開4週目でも依然とTOP5をキープ。土日に高稼働していることから、シルバーウィーク含めた休日を中心に、まだまだ勢いは止まりません!

7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月29日(月)現在、全米興行収入は3億5855万ドルを突破し、『インサイド・ヘッド』(3億5646万ドル)を超えて、全米アニメーション成績で8位に。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに7億ドルを突破!早くも続編制作が決定し、“ペット・フィーバー”の勢いはまだまだ止まりません!(9月4日時点、Box Office Mojo調べ)

2016.08.29

“ペット旋風”はまだ止まらない!!動員250万人&興収30億円突破!!

イルミネーション作品史上初の2週連続観客動員1位を獲得した本作、公開3週目もその勢いは増すばかりで、公開18日間で早くも動員250万人、興行収入30億円を突破しました!

8月28日(日)時点で、観客動員数257万4961人、興行収入31億4593万8300円を記録。先週末の土日も動員233,912人、興行収入2億9915万700円と前週比82.2%をキープしており、シルバーウィークに向け、まだまだ勢いは止まりません!日本中に“ペット旋風”が吹き荒れており、どこまで記録を伸ばし続けるのか、ますます期待が高まります!

8月29日(月)現在、全米興行収入は3億5322万ドルを突破し、『ミニオンズ』(3億3604万ドル)の成績を早くも突破する好調ぶり。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに7億ドルを突破!早くも続編制作が決定し、“ペット・フィーバー”の勢いはまだまだ止まりません!(8月29日時点、Box Office Mojo調べ)

sub1

2016.08.22

止まぬ“ペット旋風”勢力拡大中!! 動員150万人&興収20億円突破!! 圧倒的強さで観客動員ランキング2連覇達成!

main

8月11日(木・祝)に公開された本作は、昨年の夏休みを席捲した『ミニオンズ』(興行収入:52億円)、『ジュラシック・ワールド』(興行収入:95億円)の初日成績を凌ぐ爆発的な数字を叩き出し、イルミネーション作品史上初の国内映画ランキング1位を獲得。公開2週目もその勢いは増すばかりで、公開11日間で早くも動員180万人、興行収入23億円を突破!
8月21日(日)時点で、観客動員数188万3759人、興行収入23億1262万700円を記録し、日本中に“ペット旋風”が吹き荒れております!この数字は興収52億円を記録した『ミニオンズ』のペースを超える恐るべきハイペースで、どこまで記録を伸ばし続けるのか、ますます期待が高まります!

7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月22日(月)現在、全米興行収入は3億4,672万ドルを突破し、7月から8月にかけて全米公開された夏の作品で依然トップの成績をキープする好調ぶり。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに6億ドルを突破!早くも続編制作が決定し、“ペット・フィーバー”の勢いはまだまだ止まるそぶりを見せません!(8月22日時点、Box Office Mojo調べ)

またSNSでは早くも「『ペット』2回目観てくる!」といったリピーターも出現し始めているほか、「久々に映画館に行く!」といった声も見られ、これまで映画館から離れていた客層を劇場に呼び込むといった、言わば“ペトノミクス現象”とも呼べる新たな経済効果を生み始めております!お盆興行も制し、映画業界を活性化している本作が、ますます日本中を巻き込み、この夏を熱くしていくこと間違いなしです!!

2016.08.15

“ペット旋風”ついに日本上陸!! 興行収入ランキング、堂々の首位!日本中がペットたちの“かわいさ”の虜に!!

8月11日(木・祝)についに日本全国348館、363スクリーンで封切られた本作。
公開4日間で観客動員数78万9,500人、興行収入9億8,282万円を記録し、堂々の週末映画ランキング第1位を獲得!イルミネーション作品が国内映画ランキングで1位になるのは今回が初となります!
sub5
公開初日の成績は観客動員数23万3,338人、興行収入2億9,526万円という爆発的な数字で、昨年の夏休みを席捲した『ミニオンズ』(興行収入:52億円)、『ジュラシック・ワールド』(興行収入:95億円)の初日成績を凌ぐほど。配給の東宝東和も「興収50億円代も狙える成績」と期待のコメントをしています。

【参考データ】
※『ミニオンズ』全国330館、619スクリーン
2015年7月31日(金)日計:1億9,266万円(公開初日)
2015年8月 1日(土)日計:2億6,379万円(公開2日日)
2015年8月 2日(日)日計:2億8,220万円(公開3日目)

※『ジュラシック・ワールド』全国353館、767スクリーン
2015年8月 5日(水)日計: 2億94,89万円(公開初日)

7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月15日(月)現在、全米興行収入は3億3594万ドルを突破し、7月から8月にかけて全米公開された夏の作品でトップの成績を飾っています。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに5億9264万ドルの大台に到達。6億ドル超えも目前の状況となっており、2016年に公開された全作品において興行収入ランキング第7位にまで登りつめました!この大ヒットを受け、早くも続編制作も決定しております!(8月15日時点、Box Office Mojo調べ)

公開初日から劇場に足を運んだ人たちから、「『ペット』観てきた!めっちゃ笑った!」「うさぎのスノーボールが最高すぎ!キャラがよすぎよ😆」「ペット面白いよ!!おすすめ!!!!」「これはDVD出たら買おう(笑)♪」といった満足度の高い声がSNSでもたくさん見られるほか、グッズ展開でもその人気は盛り上がりを見せ、トイザらスなどで販売が開始されている各キャラクターのぬいぐるみは、売り切れする店舗が続出。本作のぬいぐるみを手に入れるため、映画を観終わった人がそのままゲームセンターに流れて行き、UFOキャッチャーが大人気になるなど、日本中で“ペット旋風”が吹き荒れております!

夏休み真っ盛りで、ますます勢いを加速させる本作の、暑さを吹き飛ばす今後の盛り上がりに是非ご注目下さい!!

2016.08.13

昨年の夏休みを席捲した 『ミニオンズ』、『ジュラシック・ワールド』を 上回る初日成績で大ヒットスタート!!

main

全国348館、363スクリーンで封切られた本作は、公開初日の観客動員数23万3,322人、興行収入2億9,524万円という驚異的な大ヒットスタートを切りました! これは昨年の夏休み興行を牽引し、興収52億円を記録した『ミニオンズ』、さらに興収95億円を突破した超大作『ジュラシック・ワールド』の初日成績をも凌ぐ数字を記録しており、配給の東宝東和は「興収50億円代も狙える成績」とコメントしています。

※『ミニオンズ』全国330館、619スクリーン
2015年7月31日(金)日計:1億9,266万円(公開初日)
2015年8月 1日(土)日計:2億6,379万円(公開2日日)
2015年8月 2日(日)日計:2億8,220万円(公開3日目)

※『ジュラシック・ワールド』全国353館、767スクリーン
2015年8月 5日(水)日計: 2億94,89万円(公開初日)

7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。そして公開5週目で3億2451万ドルを突破!7月から8月にかけて全米公開された夏の作品でトップの成績を飾っています。さらに、スペインやベルギー、デンマークにドイツ、アルゼンチンなど、世界各国で公開されるや興行収入ランキングで1位を獲得全世界興収もついに5億877万ドルを超え、2016年に公開された全作品において、興収ランキングベスト10に入る驚異的な数字を記録し、早くも続編の制作も決定しました。(8月12日時点、Box Office Mojo調べ)

公開初日から劇場に足を運んだ人たちから、「『ペット』観てきた!めっちゃ笑った!」「うさぎのスノーボールが最高すぎ!キャラがよすぎよ😆」「ペット面白いよ!!おすすめ!!!!」「これはDVD出たら買おう(笑)♪」といった満足度の高い声がSNSでもたくさん見られるほか、グッズ展開でもその人気は盛り上がりを見せ、トイザらスなどで販売が開始されている各キャラクターのぬいぐるみは、売り切れする店舗が続出。渋谷にて実施されたスタンプラリーでは早朝から多くのファンが列を作り、予定よりも大幅に早くスタンプ帳が配布終了になるなど、日本でも“ペット旋風”が吹き荒れております!!
夏休み真っ盛りで、さらに口コミ効果も期待できる中、今後の成績に是非ご注目下さい!

2016.08.11

【初日舞台挨拶】バナナマン、佐藤栞里、柴犬まるちゃんが浴衣でご挨拶!さらに、巨大スイカ割りでヒット祈願!!続編制作決定に意気込みも!

バナナマンの設楽統さんと日村勇紀さん、佐藤栞里さん、そして本作の取“柴”役宣伝隊長である柴犬・まるちゃんを迎え、初日舞台挨拶を実施致しました!

8.11main

 満員の客席から盛大な拍手で迎えられ、吹替えを務めたバナナマンの設楽統さんと日村勇紀さん、そして佐藤栞里さんが夏ならではの涼しげな浴衣姿で舞台に登場!いち早く本編を鑑賞した観客を前に挨拶し、初日を迎えた喜びと感謝の想いを伝えました。さらに、本作で取“柴”役宣伝隊長を務めた柴犬・まるちゃんも浴衣姿で登場すると、会場は一気に和やかなムードに。これまでのまるちゃんのPR活動をスクリーンで振り返ると、バナナマンのお二人と佐藤さんもその活躍ぶりを改めて称賛しました。また、夏真っ盛りの今と本作のストーリーにちなんで、夏に経験した一番の冒険エピソードや今夏の目標についてMCから問われると、吹替えキャスト陣の知られざる一面が明らかに。

イベント終盤には、夏の大ヒットを祈願して巨大なスイカのオブジェが登場し、“巨大スイカ割り”が行われる一幕も。割れたスイカの中から“祝・続編制作決定!”と書かれたパネルが登場すると、3人はその朗報に驚きつつも、続編の吹替え参加に早くも意欲を覗かせました。

バナナマンのお二人と佐藤さん、そして宣伝隊長まるちゃんの息の合った掛け合いに会場は終始温かい笑顔に包まれており、映画さながらペットと人間の絆を感じさせ、初日舞台挨拶は幕を閉じました。

<以下トーク詳細>

MC:それでは、お待たせいたしました。『ペット』の吹替えキャストの方々をお呼びいたします!大きな拍手でお迎えください。思いやりに溢れるマックスとデュークの飼い主、ケイティ役の佐藤栞里さん。ケイティと一緒に暮らしている愛犬・マックス役のバナナマン設楽統さんマックスと一緒に暮らすこととなった大型犬・デューク役のバナナマン日村勇紀さんです!

<佐藤栞里さん、設楽統さん、日村勇紀さん浴衣姿で登場>

MC:今日は浴衣姿でお越し頂きました!みなさま、ついに『ペット』公開を迎えました!こんなに多くのお客様が『ペット』を観に劇場に来ていただいておりますが、公開を迎えての今のお気持ちなど、一言ご挨拶をいただけますでしょうか?

_AAA4899

設楽:本日はお越し頂き有難うございます!いよいよ今日から公開ということで我々も楽しみにしていました!皆さん楽しんで頂けましたか?

<客席から大きな拍手>

設楽:有難うございます!これを機会に2回、3回と観て頂けると嬉しいです。今日は宜しくお願いします。

MC:では続きまして、日村さんお願いします。

_AAA4921

日村:皆さん初日に来て頂いて有り難うございます!本当にもう待ちに待っていた『ペット』の初日なんですが、皆さん楽しんで頂けましたか?

<客席から再び大きな拍手>

設楽:日村さん、あの〜全く一緒なんですけど…。

日村:もう一回聞きたかったんです!これだけ沢山の方に来て頂いて、もう本当に鳥肌が出まくってます。お見せできないのが残念ですけど(笑)

MC:有難うございます。では佐藤さんお願いします。

_AAA4872

佐藤:今日は貴重な夏休みにお越し頂いて有難うございます。作品いかがでしたか?

設楽:すごい聞く連中になっちゃってるんだけど(笑)

佐藤:私にとって初めての映画で舞台挨拶も初めてだったのですごく緊張しているんですが、今日は皆さんにお会いできて嬉しいです。最後まで宜しくお願いします。

MC:有難うございます。この映画、見どころが満載ですが、皆さんが一番印象に残っているシーンはどこでしょうか?

設楽:印象に残っているというと、やっぱりソーセージ工場のシーンですかね。あそこだけちょっと他のシーンと違う感じですし。

日村:そうそう、アフレコしていても楽しかったですよね。

設楽:うん。(マックスたちがソーセージを食べるとき)「アフアフ」とか「フンフンフンフン」とか楽しかったですね。

MC:なんでも、設楽さんと日村さんには「ソーセージに関する思い出」があると伺ったのですが…?

設楽:日村さんの家のソーセージ鍋の話しですかね?

MC:それ何ですか?

設楽:日村さんの実家に遊びにいった時に、日村家のもてなし料理としてソーセージ鍋がでてきたんです。ソーセージと白菜しか入ってなくて、あれ、日村さんって貧乏なのかな…って思って(笑)

日村:やめろ!(笑)

設楽:でもそれが凄く美味しくて。

日村:そう!本当に具はそれだけなんですが、最大のもてなしなんです。土鍋にソーセージ30本くらい入れてね。

設楽:それを機に我々も仲良くなったので、マックスとデュークの経験に似てるんですよね。

MC:佐藤さんは、今のお話聞いてどうですか?

佐藤:賞味期限が切れそうなソーセージを鍋に入れることはありますけどね。ソーセージをメインでいれることは無いですね。

日村:よく真面目に答えてくれたね(笑)

設楽:でもダシが出て美味しいんだよね。

日村:そうそう。全部ソーセージの味になっちゃうくらい力がある。

MC:ちなみに、佐藤さんは印象に残っているシーンありますか?

佐藤:本当に沢山あるんですが、ケイティがマックスとデュークと一緒にNYの夜景を見ているシーンですね。あのシーンがすごく大好きです。

MC:良いシーンですよね。さて、ここで、取“柴”役宣伝隊長のまるちゃんにも参加していただきましょう!

<まるちゃん浴衣姿で登場>

日村:可愛い!まるちゃん浴衣着てるんだ!

_AAA5022

MC:まるちゃんは取柴役宣伝隊長としてイベントに参加したり、写真を投稿してくれてたんです!

<スクリーンにイベント登壇時や、マックスのぬいぐるみと一緒に撮影した写真を投影>

日村:全部マックスと撮ってるね!すげー!

佐藤:東京巡りしたんだね〜。

設楽:まるちゃん有難う!

<客席からもまるちゃんに拍手>

MC:それでは私の方から皆様に質問いたします。皆さんがこれまでに夏に経験した一番の冒険エピソードを教えていただけますか?

設楽:我々は夏に全国ツアーをやったことが何回かあるんですが、北から南まで全部車でまわって。

日村:そうそう、親父の車を借りてね。

設楽:青森から北海道行くのはフェリーに乗ったりしたんですがあとは全部運転して、ライブしながら各地美味しいもの食べたりあれは冒険でしたね。

日村:星空が綺麗だから、あえて車を止めてサンルーフを開けて星を眺めたりもしましたね。

佐藤:仲良いですね〜!

MC:お二人って一度もケンカされたことないんですか?

設楽:いえ、ありますよ。今さっきも浴衣の取り合いでギリギリまで取っ組み合ってました(笑)

MC:仲いいですよね(笑)、佐藤さんはどんな思い出がありますか?

佐藤:小学校まで群馬に住んでいたのですが、そこでドブに入ってザリガニを捕まえたりしながらドブを辿っていました。

設楽:え?ドブ?それ沢とかじゃないの?

佐藤:あれ、ドブって何でしたっけ?

設楽:ドブってこういう…

<設楽さん日村さんを指差す>

日村:俺じゃねぇよ!

佐藤:川まで行かないんですけど…

設楽:それきっと沢だね!

佐藤:知らない生物たちを捕まえながら、そこをずっと歩いて隣町まで冒険していました。

MC:有難うございます。続きまして、本作はマックスとデュークが飼い主のケイティが帰ってくるまでに家に戻るのを目標に冒険するストーリーですが、この夏の目標や
挑戦したいことはありますでしょうか?

日村:僕太ったんですよ、もともと太ってたんですが今すごいでしょ?この一ヶ月くらい、すごい食べたんです。

佐藤:本当だ、何かが入っているみたい(笑)

設楽:大丈夫、太ってないよ。日村さんアメリカ行ったらガリガリだよ。

日村:なんで毎回アメリカ基準なんだよ。100kgの大台が見えてきちゃって、さすがに自分でもヤバイと思うので、ダイエットしてみようと思います。

MC:設楽さんはいかがですか?

設楽:僕ら毎年夏はライブがあるので花火大会とか行ったことないんです。なので夏らしいイベントに行ってみたいですね。

MC:佐藤さんはいかがですか?

佐藤:『ペット』は350以上のスクリーンで公開しているみたいなので、各地をまわって、いろんな劇場をはしごしたいです!

MC:有難うございました。夏といえばスイカ割りということで、皆さんでスイカ割りをして、夏の大ヒットを祈願したいと思います!巨大なスイカを用意しておりますので、私の「3・2・1」の後に、お客さんの「せーの!」に合わせて、3人にスイカを割っていただきましょう。

<巨大なスイカのオブジェが登場>

MC:準備はよろしいでしょうか?それでは3・2・1・・・

観客:せーの!

_AAA5054

<巨大スイカが割れると同時に客席向けて金色のテープが発射>

MC:みなさん、スイカの中に何か書かれたものが入っているみたいのなのですが、ちょっと見てもらってもよろしいでしょうか?

設楽:え?続編決定!?

MC:そうなんです!全世界的に大ヒットしているので、早くも続編の制作が決定いたしました!全米は2018年7月13日に公開を予定しております。おめでとうございます!!

設楽:また僕たちに頼んでくれるかな?ぜひ参加したいですね!

日村:出たい!出たい!

MC:有難うございました。それでは、以上で舞台挨拶を終了させていただきます。皆さま最後に盛大な拍手をお願い致します。

以上

2016.08.09

全米興収3億ドル突破!全世界興収、ついに5億ドルの大台へ!!

日本の公開に先駆け、7月8日(金)より全米で公開を迎えた本作は、未だその勢いは衰えを知らず、公開から5週目でついに3億1951万ドルを突破!7月から8月にかけて全米公開された夏の作品において、トップの成績を飾っています。さらに、スペインやベルギー、デンマークにドイツ、アルゼンチンなど、世界各国で公開されるや興行収入ランキングで1位を獲得全世界興行収入もついに5億287万ドルの大台を超え、2016年に公開された全作品において、興行収入ランキングベスト10に入る驚異的な数字を記録しております!(8月9日時点、Box Office Mojo調べ)

main

全米公開から3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興行収入を塗り替えたことでも注目を浴びていただけに、今後もその数字の伸びに期待がかかります!

本作は、「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描きだした、ペットたちの笑いと絆と感動の物語。日本語吹替版キャストに、人気お笑い芸人のバナナマンの設楽統さん、日村勇紀さんをはじめ、佐藤栞里さん、永作博美さん、宮野真守さん、梶裕貴さん、沢城みゆきさん、中尾隆聖さんといった豪華声優陣が集結したことも話題を集めております!

個性豊かなキャラクターが魅力でもある本作ですが、SNSでも「ノーマンかわいい”この鳥好きだよー、クレイジーだけど”が可愛すぎた。笑笑 」「映画「ペット」のうさぎ、スノーボールがここんとこ気になりすぎて画像を探す日々‥‥かわいいんごw」「スノーボールめっちゃかわ…」といった声がたくさん見られるほか、グッズ展開でもその人気は盛り上がりを見せ、トイザらスなどで販売が開始されている各キャラクターのぬいぐるみは、売り切れする店舗が続出。渋谷にて実施されたスタンプラリーでは早朝から多くのファンが列を作り、予定よりも大幅に早くスタンプ帳が配布終了になるなど、公開を目前にしたここ日本でも“ペット旋風”が吹き荒れております!!

短編アニメーション『ミニオンズ:アルバイト大作戦』の同時上映により、ミニオンファンも必見の本作。世界中で大ヒットしている映画『ペット』は、いよいよ8月11日(木・祝)より日本公開。今後の展開にもご期待ください!

2016.08.05

宮野真守がソーセージ界のドン役!?日本語吹替版歌唱キャストとしても特別参加決定!

この度、鷹の“タイベリアス”役を演じる宮野真守さんが、歌って踊るソーセージ役に!日本語吹替版歌唱キャストとしても本作に特別参加していることが明らかになりました!

miyanosan_sausage

これまでもイルミネーション作品に数多く参加している宮野真守さん。前作『ミニオンズ』では、女悪党・スカーレットの夫であるハーブ役だけでなく、自分のクローンを製造し続けるフラックス教授の二役を演じており、これまで二枚目キャラクターのイメージが強かった宮野さんの初の老人役が話題を集めましたが、このほど最新作『ペット』でも二役を演じていることが判明!梶裕貴さん演じるモルモットのノーマンを食べたくて食べたくて仕方がない鷹の“タイベリアス”役に加え、今回明らかになった宮野さんの配役は人でも動物でもなく、なんと“ソーセージ”!NYの街中で迷子になり、お腹がペコペコになってしまったマックスとデュークが行きついたソーセージ工場で、食事が楽しいあまり夢の世界へと旅立ってしまう二匹を歌と踊りでもてなす最強のソーセージとして登場。
吹替えを担当したバナナマンのお二人も「お気に入りのシーン」として挙げています。

2426_FPF2_00140R

日本語吹替版のエンドロールにも<日本語吹替版歌唱キャスト:ソーセージ界のドン>として宮野さんの名前がクレジット入り。ソーセージ役の宮野さんの声には特別なエフェクトがかかっているので、タイベリアス役とはまた違う宮野さんの歌声がお楽しみいただけます。聞き逃さないようご注意ください!

公開に先駆け、宮野さんが本シーンで歌っている「We Go Together」が、8月5日(金)0時からiTunesにて配信中。
“ソーセージ界のドン”たちの歌声が耳に残るこのシーンに、子供から大人まで、そしてペットまでも夢中になってしまうこと間違いなしです!ぜひチェックしてください!

★「We Go Together」(『the seclet life of pets』内収録)iTunes ダウンロードページはこちら